お風呂の介護について

お風呂の介護について

お風呂の介護は複数の介助者がいなければスムーズに行える事が出来ないケースがほとんどです。
そのため、在宅でお風呂を使う事が難しい人は施設の入浴サービスを利用し、その課題を克服しているケースが少なくないです。
また、人によっては自宅で入浴介護のサービスを利用し、お風呂の問題を解消している人も数多くいます。
入浴介護は家族だけの力で実施すると心身を疲弊させ、介助を行う人間が体調を悪くしてしまう事もあります。
外部のサービスを活用する事が出来れば安全、快適なサービスを受ける事が可能です。
お風呂の介護は利用される人によって注意すべき部分が異なるので、機械的、画一的に行うのではなく、利用される人の状態やニーズをみながら慎重に実施する事が重要です。
現在入浴サービスは様々なタイプがあります。
自分に合ったものを多様な選択肢の中から選ぶ事が可能です。
当日の本人の体調をみて少しでも不安がある時はサービスをストップした方が安全のためには良いです。

介護で役立つ椅子選びのポイント

介護が必要な人に座ってもらう場合、どのような椅子でも良いという訳にはいきません。
その人にどの程度の介助が必要なのか、またどれくらいの時間、姿勢を崩すことなく座っていられるか等によって、それぞれに最適な椅子が違ってきます。
例えば足の力が弱く、立ち上がりにくい人の場合です。
あまりに低い椅子に座ってしまっては、低い位置から立ち上がるのに力を使うため、本人にとっても介護する側にとっても負担となります。
しかし、座面が高めの場合は、少ない力で立ち上がることができます。
ただ、高ければ良いという訳ではなく、座った時にかかとが床につく高さのものを選ぶようにしましょう。
次に、座る姿勢を長時間保っていられない人の場合です。
滑りやすい素材の座面に座っていると、次第にお尻がずっていき、やがて転落してしまう恐れがあります。
この場合は、滑りにくい素材のものを選ぶか、座面に滑り止めシートを敷くようにしましょう。
体が右や左に傾いてしまう場合は、体の側面に肘掛けが柔らかくぴったり沿うものを選ぶか、脇にクッションを挟むなどして、体勢が崩れないように支えてあげましょう。
それでもうまく座れない場合は、背もたれを倒せるリクライニング式車椅子などのほうが体に合っているケースもあります。
どれに座れば良いか悩む場合は、福祉の専門家に見てもらい、その人に一番適したものを選んでもらうと良いでしょう。