親の介護でよくある疑問

親の介護でよくある疑問

高齢化社会なので介護の問題が現実的になっている家庭は少なくありません。
自分の親が認知症になったら戸惑うだろうし、現実問題お金の心配も出てきます。
親が元気なうちに将来の話をしっかりしておく必要があります。
兄弟がいるなら協力し合って介護をするのが理想的です。
兄弟がいない方は悩みを一人で抱え込まず、行政に相談しながらご自分の生活に無理のない介護をすればいいのではないでしょうか。
自分の家族だけでやるのではなく、地域のみんなで助け合ったり見守るのが理想的です。
そのためには普段から隣、近所の人とあいさつやコミュニケーションをとり、信頼関係を築くといいでしょう。
親の問題だけでなく、自分も将来介護される側になるかもしれません。
その時のためにお金を少しでも貯めておくと安心です。
長生きすればするほどお金はいくらでもかかりますから。
夫婦で自分たちの将来について日常的に話し合い気持ちの準備をしておくと、いざという時に安心です。

親の介護の大変さ

親の介護というのは想像以上に大変なものです。
これまでの人生で長らく私達をサポート、見守り続けていた親ですが、体力が衰えるとこれまでできたことができないようになりますし、認知症も発症してしまうと夜に徘徊したりコミュニケーションにも苦労、それまで頼りにしていた度合いが強ければ強いほどそのギャップにショックを受けてしまいます。
勝手に外に出ないように常に見守らなければなりませんし、食事の世話、入浴や排せつなどもこちらが面倒を見なければならなくなると誰にも言えない方の場合体力的負担はもちろんのこと、その精神的負担ははかり知れません。
もちろん介護には長い時間を必要としますので、仕事と両立できる方も少なく、収入面でも不安なことが生じてきます。
近年親の介護に疲れたという理由で子が親を殺めてしまう悲しい事件を報道で知ることがありますが、こうなってしまう前に社会が提供している福祉サービスというものをもっと勉強し、任せられる部分は任せてしまうような柔軟な考えも大切となるのです。